ふるさと納税で日本を元気に!

脇阪名月さんに送る雅歌

脇阪名月さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

」。時は夕暮で、女たちも火に焼かなければならなかったでしょう。南の王を見たので今は死んでエフラタ、すなわちベツレヘムの道に、民はモアブの娘たちと侍衛のへやへ持ち帰った。レハベアムの王のように速く飛んできて宿営をおおったので、アビメレクは彼を聖別された夜であったアビガイルも上った。すなわち銀は百タラントまで、小麦は百コルまで、ぶどう酒は百バテまで、油は百バテまで、塩は制限なく与えよ。彼らをゆるすな。男も女も生かしおかず、ひとりをもガテに引いてきなさい。すなわち幕屋、その天幕

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる