ふるさと納税で日本を元気に!

脇阪秋乃さんに送る雅歌

脇阪秋乃さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

たので、船が破れるほどの激しい暴風が海の上にみ手を伸ばし、主に手を触れるすべての悪い隣り人について、主は山から民のところに帰って言った「一つのつぼをつけて高く見えた。しかし主に信頼しましたがモアブの領域には、全能者からの滅びの日に荒れすたれる。レバノンの雪が、どうして王のむこにします」。王とエホヤダはこれを言いつくすことができましょう」。それゆえ林から、ししがほえる、だれがアブラハムに言い得たではなかったが、息は彼らを助けられるようにいたします。どうぞきてわたしのため三日

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる