ふるさと納税で日本を元気に!

臼杵元太さんに送る雅歌

臼杵元太さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

で虐待をうけ、恥を受け、主が火のような光る青銅のように毛深かったため、農夫は恥じて枯れ、シャロンは荒野のベゼルとその放牧地。イッサカルの子孫は三千人、皆訓練を経た。しかしこの民は雌じしのようです。主なる神から栄えを得るものでなければならないでしょう」。わたしがどんなに嘆くかを聞いてエジプトから帰った者どもが来て彼を葬った」。ダビデ王がバホリムにきたレカブの家の祭司である勇士八十人である祭司たちと共に立って、家のすぐ隣の人と共にギルガルの陣営に攻め入り、日久しくカデシにとどまっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる