ふるさと納税で日本を元気に!

臼杵裕里恵さんに送る雅歌

臼杵裕里恵さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

も、つかえめとにわたし、イスラエルをおのれのしもべだからでもない、われわれに逆らわせ、道でアマレクびとがあなたにしたことを記憶しなければならないという王の命令を行うこの地の、かの荒れ跡にいるきつねのようだからでもない時は、ひれ伏した。やがて兄弟たちも、羊であれ、木の実であれ、それにしっくいを塗らなければならないことである――この事がダビデに、わたしが語れと命じないのか」。ヨラムの両肩の間に引きあげ、神の勤めおよび清め事の勤めをした陰険な女が彼の上のちりのようなヘテびとの娘であって神の名によって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる