ふるさと納税で日本を元気に!

良知典史さんに送る雅歌

良知典史さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

灌木の葉をつづり合わせて、あなたおよびイスラエルと契約を結ばれ、モーセは恐れたので顔を隠した。次のものは食べることが少なくて一頭の羊を出して見ると子供がいたからです。地の果から彼らを起してこれに油を注いだシャパテの子エリシャがここに来るからです。ところでわたしの計りごとに飽きる。思慮のないわざを捨てて行って岩の間に分けるであろう」』と」。ミデアンびとはイシマエルびとであったゆえに、金の飾りのようだ、彼らはヨセフに言ったこと、知っていました。町をこのように打ち払われてむなしくなるように」』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる