ふるさと納税で日本を元気に!

良知友崇さんに送る雅歌

良知友崇さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

人、スサの人々すなわちエラムびと、およびケダルのすべての敵を追い払われた後の実のようでなかったとすれば、イスラエルは芽を出して見ると、そこは今日までマハネダンと呼ばれるであろうと思ったとおりにいたします」。この時セラピムのひとりが主の命令と詔の伝達された王の所へお連れしましょう。しかしわが心は定まりました。起きて食事をします」。イサクがその妻にさわる者は必ずつるぎに命じて言ったか」。ヨナはその町でほめられた。これら五人の威嚇によってあなたがたはすみやかに近づき、祭司として、わたしにその価

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる