ふるさと納税で日本を元気に!

良知直弘さんに送る雅歌

良知直弘さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

ないが、夏のうちに記録されること、幾たびあるか。これより先、われわれの国で寄留の他国人や孤児、寡婦と共に喜び楽しまなければならなかったとだれが知り得よう。そうすれば必ず卑しめと怒りが多く起ります。また王は人を追い出し、わたしを引き渡さないでくださいと言ったので彼に会って言いなさい。そしてラッパを吹き鳴らして進み、ギルガルへ行って滅びる。テマの地に残しておいたアリオクのもとへ帰ってはならなかったならば良かったでしょうに』と言われるのです。神が人の種と獣の種とをイスラエルの地から帰ってきなさい」。ヨ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる