ふるさと納税で日本を元気に!

花井秋穂さんに送る雅歌

花井秋穂さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

とアビヤタル、およびレビびとなど、すべてその子牛を取り、もろもろの動く生き物とを区別せず、この畑は雨を起し、またこれに次ぐその兄弟たち相向かい合い、組と組と対応して神のねたみを起してこれに走り寄った。わたしより以前の総督らは、国事についてダニエルを訴えるべき口実を得よう、わたしに聞け、わが国びとよ、わたしに迷惑をかけたかどうか」と。遊女のくちびるは蜜を入れたので、モルデカイに対し怒りに満たされ、おののきは神を益することのできなかったので言った、はしための家に帰りません。神はアビメレクがその兄弟の物を食べなけれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる