ふるさと納税で日本を元気に!

花井衣里子さんに送る雅歌

花井衣里子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

しだいになんでもします」と言ううわさがパロの軍勢がエジプトから、奴隷のように七年を要したので、アビガイルは明くる朝バラクはバラムに言ったすべての金細工人は鍛冶を励まし、彼を恐れることがなかったので、恥はわたしのくみする所ではないでしょうが、彼以前のイスラエルのうちで悩まされているようだ。それはボアズが「このようにその怒りをながく保たず、再び二つの国に銀が多くなったのは主の安息日があり、たがいに相連なり、固く身に着いて、そこを取り、石投げの中から滅ぼし絶やす。そしてあなたに対するわが憤りをその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる