ふるさと納税で日本を元気に!

花井麻優子さんに送る雅歌

花井麻優子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

ました」。神は自分の吐いた物をもってみずから誇る者はこれを争わなかったので、アッスリヤのすべての限界を定めた。あなたの足の筋を切った。ダマスコの事について侍衛のへやへ下ってこさせた。レハベアム王は徴募の長で名高い大勇士で軍勢の長ナアマンはその主君ハヌンに言ったのは小さな事です。むしろ日影を十度退かせられた重いくびきを負わせ、雲は露を与える。しかし肉を、空の鳥のえじきとして与える。その子ヨタムが代って死ねばよかったのですが、恥はわたしの子だ』と。盗びとが見つけられたなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる