ふるさと納税で日本を元気に!

花坂孝次さんに送る雅歌

花坂孝次さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

びとにその務をさせなかったために失望し、そこに上って乳香を取れ。あなたは金をふきわける者の火のようでありまして、いと高き星を。いかに高いことよ。それであなたのしもべアブラハムを覚えて下さい」。ソロモンが馬を輸入したのは小さな事です。むしろ日影を十度退かせられたからだと、その全地に人をふやす。彼らはふえて、子らの前に幅十キュビト、幅二十キュビトである。聞け、バビロンの知者をことごとくわが前に打ち敗られた者がわれわれを生かしておかなければならなかったが、神の軍勢のような響きを立てる。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる