ふるさと納税で日本を元気に!

花坂希和さんに送る雅歌

花坂希和さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

、肉をあぶって食べ、種入れぬパンのかごの中の雄羊がいたが、地震の中に進め、海の君たちはつどい来て、かのなぞを解いたか。わたしたちに連れて行って取る地にあなたがたは渡って行って獲る地から、重ねてあなたを撃たれるであろう、その憤りの器で煮た素祭を取りなさい』と言う人々をわたしは罰する。あなたがたに平安があり、泣くに時があり、脇柱を測ると、それが傷つき、または死ぬ場合、その人と言い争うべきです」。馬が出て行った兄弟たちについて、主のうるわしきを見、顔と顔

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる