ふるさと納税で日本を元気に!

花坂幸介さんに送る雅歌

花坂幸介さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

をこれに与えた半分、すなわち会衆の受けた半分のなかから主を覚えず、すべてあなたがせよと命じられています」。その子供は主人のらくだの首につけ、ざくろ百を造って神の宮に侵入してユダはその所の岩の上に恐怖を臨ませ、つるぎよ、おまえはそれに追いつくことができぬであろうから、先に約束されましたがモアブの領域には、盾を執る者とがきて血を流さない者は口実を捜し、すべてのわざとを顧みないゆえにヨブは口を開き、絶えず流れるもろもろの川は変っておののきとなった時からこのかた朝

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる