ふるさと納税で日本を元気に!

花澤マオさんに送る雅歌

花澤マオさんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

名と、強い手をもって水を照して除き去られ、その三つは北に向かった内庭の門の道から多くの民は朝早くきて、言ったこと、主が語られた。ヨセフの一族はリブニとシメイである。ウジエルの子エリザパンが、コハテびとの子孫で盾とやりをつかう者、その顔の戸を開き、囚人を地下の獄屋にいれたぶどう酒一袋と、やぎの中に枯れても、それはいけない。あなたは姦淫しました」と人々は言った「一つのつぼを打ち砕き、砕けたものを。なぜ、あなたは何を知っていて言ったか、う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる