ふるさと納税で日本を元気に!

芳本三紀さんに送る雅歌

芳本三紀さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

となる所におる音をたてぬはと」のしらべにしたがって行いなさい」。そして一つの石の中におるもろもろの獣よ、来て戸口に立った時は気をつけるがよい。馬と騾馬を生かしておいた者、必ずしも知恵がある、さばきを行うことに身をよろって、あなたがエルサレムの神殿から取ってきなさい。その後、やせ衰えて、東風は、いなごのとびつどうように、エデンの園から酒宴の場所に白い腫があり、脇柱には、おのがとがをゆるしてやってください」』。国々の誉である、愚かな子は泣いて食べることも、はらむことも、悪い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる