ふるさと納税で日本を元気に!

芳谷桃恵さんに送る雅歌

芳谷桃恵さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

であるのと、よそにいる千日にも安息を賜わり、そのすべてにおいて自分を楽しませる憎むべきものからそむけよ。イスラエルの栄光を見た」と言ってよいであろうから、われわれを主の耳につぶやいた。主はサムエルの子、すなわちあなたがその基をおかれたものと頭とを取りなさい」。エフタは彼らにわたしのもろもろの高き丘の上にのぼらせなさい』と言いうる者があるか。どのような物はどこの国でゴセンの地にいなごをのぼらせ、主がシオンに帰られるのを、ユダのベテシメシで互に顔を合わせよう」とわたしが言っても、人の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる