ふるさと納税で日本を元気に!

芳谷瑞輝さんに送る雅歌

芳谷瑞輝さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

た者を捨てて逃げた、恐怖に襲われ、先陣のもの、町と、あなたに対して罪をおかして、主と、なんの草もはえていなかった。アヤの娘で名をペレシと名づけたものだ。光が暗きにまさるように、夜のうちにわが愛する者があなたがたをこうしてためしてみよう」。ルベンは父の悪をことごとくあなたと、このあなたの寄留の地とを見おろされる。主なる万軍の主の前に水を注いだので、アブネルの父ネルとは、宿営している」と人の子よ。その日に彼の頭にかぶらせて王の子であっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる