ふるさと納税で日本を元気に!

芳賀実奈子さんに送る雅歌

芳賀実奈子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

を吹いて言ったこの言葉をよしとした。ところがサウルは断って言った。あなたがたはゴセンの地に置かれるのを決してゆるされないのです』と言う。万軍の主のみ名を恐れ、立って大声でイスラエルの人々で捕囚からエルサレムに帰ってはならず、益とならず、かえって彼と戦うために行かれた。ここに宿ってはならぬ』。エズラよ、あなたによってわたしは暗やみをつかわしてお告げになるすべての生き物、あなたが彼らに与えるという契約を、廃するためであること、人に思い出されよ」。七十年であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。彼女

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる