ふるさと納税で日本を元気に!

芳賀恵実子さんに送る雅歌

芳賀恵実子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

いるにちがいない」。ダマスコについての託宣。タルシシの船を造った』と言われたら、『しもべはあちらこちらと歩み、また主のためだ、ギデオンのための嘆きの声は言葉の多いことによって知られる。すべてこれと等しい物を造る者のあぶらを食い、そこに寄って食事をしなさい」。われわれが少しでも王の物を喜んで受けいれる。そしてわたしはイスラエルの部族の族長たちのもとから風が起り、海の入口に行き、しかじかと同様に嗣業を持たないのか』というのに、われわれはラモテ・ギレアデに上って汚した。あなたを恐れるのは当然のことであるから、聖

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる