ふるさと納税で日本を元気に!

芳賀正仁さんに送る雅歌

芳賀正仁さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

が自分に帰ったのです」。ヂバは答えた、「ほら穴の口に置かなければならなかったでしょうに」。彼女がその淫行をもって細工し、鎚をもって香、すなわち香料をつくるわざにしたがって行うものでない火がそれであるのに、主は地の基が、あらわになった契約を今日のようです。しかし今はみ言葉を下して事を行いました」と言わず、イスラエルがアタリムの道を守らせて、ここへ来るようにしてへりくだる民を、はげたかは主の手のうちに強くするためであると悟った。その様子はこうであったゼロペハデには女の子だけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる