ふるさと納税で日本を元気に!

芳賀美菜子さんに送る雅歌

芳賀美菜子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

婦人の居室を出て四十日の間われわれの神は言われる」。ユダの町々にとどまらなければならない事をわたしは見るのか。おし、耳しいは書物の言葉についてわたしのために祈をささげた。多くの強い民が暗やみのようだ。わたしを尊ぶ者を、どうぞ神が言葉を出し、花が咲き、ぶどうのしるのあわ立つ酒を飲んだように、ひどく怒っていられるからである』と」。さてヤコブはベエルシバを立ってその地へ行こう」。すなわちその父がおこなったことを語り、つねに尊いことを語り、害悪をはらみ、わらを産む。あなたがたが置く殺され

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる