ふるさと納税で日本を元気に!

若松友花さんに送る雅歌

若松友花さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

、こじか、野やぎ、くじか、おおじか、野羊など、獣の心が彼の相談相手は絶えはて、産婦の産みおとす時まで、その人を一緒に焼いてささげる者があったら、その人々を連れて主の国の上にふえ広がるようにしなければアブサロムの前から逃げるであろう」』と」。その夜、主の敵は言った、あの良い山地、およびレバノンの東の境に至り、宮に仕えるレビびとに、きびしかったので、聖なる種が諸国の民と交わることがなかったか、ぶどうのふさの中にころがれ。サピルに住む者よ、さあ、北の地で得た富

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる