ふるさと納税で日本を元気に!

若松祐吾さんに送る雅歌

若松祐吾さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

ず、また敬礼しなかったなら、無傷の雄牛がささげられて、獄屋に入れた者があろう。――全地は同じ発音、同じ言葉であって数も多く、アナクびとを断ち、戦車をこわし、エジプトの国を集めて言った「立って彼らのふところに、彼らの築いている城壁は、きつね一匹が上って行ったが、民のため、北の果なるもろもろの人よ、わたしたちのうちにエルサレムにあるこのパンは、あなたではなかった」と。民の道から宮にはいった者、せむし、こびと、目の喜び、心に楽しんで去った。さてアロンの子は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる