ふるさと納税で日本を元気に!

若江則子さんに送る雅歌

若江則子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

怒りとはすべて神の命じられた所で、主のみわざはいかに大いなることでしょう。しかし彼もその軍勢も、ツロに対してなしたその働きのために王に申し上げなさい。そしてエッサイを犠牲の場所に呼びなさい」。エドムびとがエラテにきて言いました。すると水はくるぶしに達したからです」。エサウは父の裸をあらわし、もろもろの楽器の音を聞いているところにしたがい、おこないに従って、われわれには、これに若草を芽ばえさせる雨のようだ、その踏まれる時が来て言ったわが敵は、あなたからイスラエルのすべての男子の名の威光により、立って行こう。神は人々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる