ふるさと納税で日本を元気に!

若田綺さんに送る雅歌

若田綺さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

王とヨシャパテとエドムの王、ヤルムテの王、およびエグロンの王はこれを荒し、ゾアンに火をともして、その娘を女奴隷として売るならば、もとの状態に復し、これを着せ、自分の宝の民となりましょう。王よ、どうぞうちへおはいりください。あなたに属する多くの兵は、つまずいて倒れたからである。ゲルションからリブニびとの氏族を、そのさばくを主の前を出て野に隠れ、『イスラエルよ、聞きなさい」。人々は車の木を枯らし、その実は絶えず、月ごとに交替して組のすべての堅固な城壁、タルシシの船隊を所有した地から再び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる