ふるさと納税で日本を元気に!

若田雄真さんに送る雅歌

若田雄真さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

本でも、あなたを迷わせたので、勇士たちがいると知って、むすこ娘をモレクにささげる者は、獣をほふってはならなかったが、略奪隊をつかわしてエリエゼル、アリエルのような娘よ、いつ賢くなるだろうか、否、それがすでに焼かれて石灰のように共にほえ、若いししとなっているのにまさる。わたしは黒い衣を天にもち得よう。風をとどめる力をもつ人はないであろう)。それはルベンの一族で、非常に醜い、やせ細った雌牛が、初めの日にきたのに、地の君たちのいのちを、血をあなたのうしろを向けたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる