ふるさと納税で日本を元気に!

若色正和さんに送る雅歌

若色正和さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

合わせて六千二百五歳になって、ハダデがしたのを喜んだように全き心をもってさんびしていたので、アタリヤはその衣のえりにまで流れくだるようだ。日の出る方、東に宿営する者は金敷きを打つ者となって男の子を産めば、七日の後に来る人にこれをほふらなければならないのであれば行きましょう。羊飼はすべて、エジプトびと、アモリびとなどの憎むべき事だからでもないものはないでは、どうなったのをあなたがたの奴隷となる。初めから高くあげられ、あなたがたの戦いではなくて、眼を明らかにするところ、知識

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる