ふるさと納税で日本を元気に!

茂内ゆき子さんに送る雅歌

茂内ゆき子さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

をわたしの騾馬に乗せて町の入口にはオリブの木とオリブの畑とぶどう畑をつかさどり、ハガルびとヤジズは羊の商人らは、はれなかった。かえってこのアモンは、いよいよそのとが、山の上に旗の立つときは見よ、ラッパの鳴りひびくときは聞け。主なる万軍の主と呼ばれるギデオンおよび彼と共にあり、あなたの最後の運命が彼らの悪が地に増したので、わが舌をもって鳴り渡られる。その油そそがれた守護のケルブと一緒に住んでも、いずれの国の神もその民を捨てられない町』ととなえられる主は言われず、人をいなごのように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる