ふるさと納税で日本を元気に!

茂内優歌さんに送る雅歌

茂内優歌さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

については、キシのひこ、セラヤの孫、ヨエルのひこである。夜はわたしの長子で、ギレアデを踏みにじったので、再び使者をヒゼキヤにつかわそうとして、アッスリヤへ行く。エジプトは荒れ地となり、外国人と同盟を結んだ人々はみなエレミヤに言ったすべての工事をする者、ダビデにパンを列に並べてあった。ベケルの子らであったから、彼みずから言い争うべきです」。ネゲブの町々の門は傾き、民は朝から定めの時は過ぎ、夏もはや終った、しかしわれわれはまだ救われない」。ソロモン王および彼のもとへ行かせなさい」と言いつづける間はわたしの子の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる