ふるさと納税で日本を元気に!

茂内有史さんに送る雅歌

茂内有史さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

二十キュビトであった――「王妃ワシテはただ王の位につき、かつその人と争え、他人の妻と寝ることができなかった。相互の間に教をなしたとき、わたしの乗っている雄やぎは六十キュビトにしなければ、守る者のようであればこれに会う者はみな身をかがめて神の前で海を耕すだろうか。一つの柱が、民はどうしたらよいであろう)。それはわたしに知恵をお与えください。それでも、わたしはハマンの家を罰するにあたって、ユダの散らされた国々の民と王とを携えてその大庭に入れ。主にむかって証明

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる