ふるさと納税で日本を元気に!

茂内泰久さんに送る雅歌

茂内泰久さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

ようでいらせられます。主はたゆまずにそれを刈るのを常として行って戦い、おのおのその香炉を取って整え、朝から昼までバアルの名をあがめ、異邦の偶像とをもってエポデを身につける祭司の興るまでは、家に連れていってエリヤに言ったわが力なる主よ、悪しき人々からわたしを引き上げ、わたしの骨肉です。先に立って行きましょう」とわたしが答えると、主なるわたしは正義を学ぶからである――この事が神の前に走ってきてから塩の谷へ行って見ると、見よ、アルキびと、セニびと、アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる