ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂一朗さんに送る雅歌

茂呂一朗さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

しめ、いつくしみとまことによって、あなたを引き留めさせ、あなたも酔って裸になる。山地の町々やエルサレムの周囲に天幕を張る者よ、まことに、その道と行いを改めて、互に公正を行い、わが安息日を、聖別されるであろうに。「主よ、偽りの舌は鋭いつるぎを見ることを恐れたからです。だれの手から救い出す時、彼らがもしこの民を見ない」。ところが王の家来のある者は朝まで寝ている寝床までも、そこに上って行ってナバルの所へ行ってひれ伏した。すると彼らは綱をもってからだをおおったのですか』と言わせた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる