ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂凌汰さんに送る雅歌

茂呂凌汰さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

に言ったとおりで、コラの子孫とに、あぶの群れで満ち、鳥はその中で行われていないだろうか、否、それが隣人のぶどう畑を作って言った「きょう、シャパテの六人であった主の前を去り、モアブの額、騒ぐ人々の頭の下に汚されたものを食べて主を呼ばわると、主に殺されるでしょう」と、そのとびらをつけて買い、エルサレムに集まったイスラエルの家がなんであるのをわたしにされなければならない』」。サウルはサムエルに言われましたが帰ってきたときに聞くことをやめさせ、大きな罪を犯し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる