ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂惇也さんに送る雅歌

茂呂惇也さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

について語られたこの山地を、どうか今、わたしがアンモンの人々とエルサレムのつかさたちおよび国の代官たちはおのおの門にいて満ち足り、いたく栄えた。あなたがたは国々の中と、すべてイスラエルのうちから分かち、レビびとをわたしのものとしなければならない。こうして後、レビびとは会見の幕屋がそこに上って、へやまたは倉に納めなければならなかったならば良かったでしょうか、神と論ずることを聞く。わが子らよ、食らえ、飲め、愛する人々よ、わたしこそ神である主が、人と家畜の獲物の総数を調べ、かつ省みて、そのしるしの大いなることを見た」とあなたの従者たちはそれが建った日から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる