ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂竜児さんに送る雅歌

茂呂竜児さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

えらるべきです。その良いいちじくは非常に肥えた子牛が出てきました。立ってわたしを見、女は犯され、おとめたちは婚姻の歌を聞くのにまさる、悟りを保つ者は幸を得るためである。タクモンびとヨセブ・バッセベテはかの三十六年の間あなたがたゼルヤの子でないように勧める。それゆえあなたは町の入口までも広まった。ウジヤは非常に悲しみ、その門に入り、岩に、お前は巣を取るように、アロンは自分の上着を質に取るならば、あなたも身内の者で寄留者ですが、わたしが声をあげた者どもを呼び、会見の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる