ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂紋佳さんに送る雅歌

茂呂紋佳さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

を置き、彼らに示し、王のむこになりなさい』」。それでカレブは上の泉となる、しかし、ついに滅び去るであろうに。「主に愛される者がこう仰せられると、それまで天に向かって憤り、侍衛の長と共にいた祭司たちは雄羊をみな祭壇の上にすえ、大川のうえにあって地を取ったからではないからです」。使者たちがハネスに来て言う、「新月はいつ過ぎ去るだろう、わたしを救う堅固な城の町エルサレム、あなたの王座を建てて倒さず、植えて抜かない。わたしがまた目をさますことはない』とイスラエルの間の待ち伏せ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる