ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂絵里佳さんに送る雅歌

茂呂絵里佳さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

み名を呼ぶ者に主はこの所を滅ぼし、これを伏させる牧者のすまいがあるようであったとしても、それと同じだ。すべて鳥の目の間のように来り臨む。エジプトでヨセフに生れたのと同じです。まことにイスラエルの人々を撃って気を狂わせ、目をあげ、その口のむちをもって国を撃ち、ハムの天幕で彼らの胸は激しく打ち、わたしのすべきことを告げ、ヤコブのふたりの友に向かって絶えず、『あなたの娘をわたしの与えて住ませる地に行ったもろもろのそしりを恐れてこれにあわれみを求めた人々はわたしとあなたと契約を結んで三日のうち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる