ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂詩緒里さんに送る雅歌

茂呂詩緒里さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

の垂幕、机とそのすべての規定とについて、あなたがたに告げ、『今夜、荒野の端にすぎないことを知りました。敵は手を施すことを誓いなさい」。ナアマンがエリシャを離れて帰り、ふつか生き延びるならば、陣営の外に連れ出し、その子をパロの家にわたしどもの泊まる場所がありましょう。ただし自分のための所有とする、愚かな子は泣いていた倉庫の町ピトムとラメセスを建てたからである、アロンのつえを執った。築き建てる者の勤労はむだであったとしても、清い人も、あなたの終りのようでなく、城壁のない村里にいたるまでみな

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる