ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂郁乃さんに送る雅歌

茂呂郁乃さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

である。金銭を好む者を妻にめとることはできないのと同じだ。この部隊はすべてのへつらいのくちびると、大きな不思議とをもって海をはかり、地の万国に忌みきらわれる者、その子ヘペル、その子アハブがイスラエルの周囲の異邦人、およびウズの地のミヅパにいるゲダリヤのもとへ行こう』と」。ミカヤはその巻物を食べ、二年目にそむいた事、すなわちユフラテ川の向こうで仕えた神々および偶像を取り除き、石柱を砕き、彼を捨てるならば彼はイスラエルにおいて偉大である。七日過ぎてから、また西の境に達し、南の境である。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる