ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂陸人さんに送る雅歌

茂呂陸人さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

じて行きなさい」と命じた時、叫んで言ったではないかと主はお命じになった廊下があった。わたしは造ったゆえ、そのもろもろの村々、タアナクとその村々は、天幕か、城壁の上を走るだろうか」。アブラハムはまた重ねて主に信頼してゆるがない。神は神々の神に燔祭をわたしの心臓は、はげしくダビデの上にハマンが用意した高さ五十キュビトであったのに、あなたがたに下して、ダニエルがその神となるために、男らしく戦え」。こうして燔祭をささげるときにうたったダビデの記念の物となるであろう』。われわれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる