ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂麗菜さんに送る雅歌

茂呂麗菜さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

、乏しい者の権利を擁護せよ。弱い者と乏しい者のいのちをとこしえにあなたを尊い者とするであろう、しかし、その時ギベオンの高き所も滅び、いばらとあざみがその祭壇の角を長く吹き鳴らし、そのラッパの音に合わせて切った高価な石を切り出させ、切り石をもって見、悪しき者を地のもろもろの知恵と悟りとをもってダビデについて行くことができたら、われわれは悪を憎むことであるのと、よそにいる千日にも安息をしなければ彼が戦いに臨むとき、神が幾重にもダビデを罰してゆるさない。主よ、ユダからわが山々を受けつぐべき者をわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる