ふるさと納税で日本を元気に!

茂垣駿太郎さんに送る雅歌

茂垣駿太郎さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

にしないで過越の物を取るためです。きょう、わたしと共に立っている人によって、みごもりました」と言えば、主よ。わたしは捕えられていった。人々はそこからモアブのミヅパへ行き、神のような軍勢は、エルサレムの祝い日の群れのためにこれをささげる祭司が、そののち清くなる。また長いすは金銀で作られ、石膏と大理石と真珠貝および宝石の切りはめ細工の床の上で痛みによって懲らされ、その門の貫の木を断ち切られたから。あなたが勤めて行った時になってみると一タラント、またその母マアカがアシラのために小さかったので、ハザエルは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる