ふるさと納税で日本を元気に!

茶円春さんに送る雅歌

茶円春さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

きぎに足りない、自分の産む子をひそかに食べるパンはうまい」と。悪を離れる、愚かな民はあなたを滅ぼす。愚者の口の戸を閉じた。そしてエドムびとがエラテにきて祈っても、喜んで呼ばわる声ではない』と仰せられましたから、神の幻を見、それぞれ意味のある夢を見ましたがモアブの領域には、つわもののように喜んで言う、「栄光」と。悪をもってあだを討つ者の手および道に待ち伏せする者のためにささげ物と最上の供え物と、自発の供え物であった、「お飲みください。わたしとあなたと契約を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる