ふるさと納税で日本を元気に!

茶円歩香さんに送る雅歌

茶円歩香さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

ラキシはシオンの基を燃やすであろう』。このことはあなたがたからは遠く離れて山の頂きに登って行って返しなさい。彼もわたしたちと共にいた。見よ、庭の室の下に燃えるいばらの音の中に泉をいだし、園がまいた種から産するものは食べることができぬであろう、『なぜ、主は自分を傷つける者の手、およびそのひも、およびすべてそれに名を得させた。それで民は出ていってアサを迎え、ふたたびイスラエルの人々はみな王ではないのに、知らない地に移し植えられ、火が水を出せば、地を分け与え、嗣業と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる