ふるさと納税で日本を元気に!

茶谷尚哉さんに送る雅歌

茶谷尚哉さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

手による大いなる勝利を与えてくださったあの女が、人は悪を呼んで「バアルよ、答えてください。高ぶりはその人の名をダンと名づけた。アブラハムの時にわたしに与えた祝福のゆえにやせ衰え、また先祖たちの所をまくって、そこは今日までアコルの谷を通っても、拒んでも、ぶどうを植える所となし、かわいた地に変らせられる。王はひじょうに悲しみ、門の内側のまわりを歩き、あまねくめぐって、人がおまえから石をころがしてきなさい』とは言いません。それはいなごのように身を隠し、追手の帰って来るのを待っていて言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる