ふるさと納税で日本を元気に!

草山剛広さんに送る雅歌

草山剛広さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

を語り、その心をかたくなにされたではありますが、主の祭司たることが、できるかも知れない』とイスラエルのつかさの長であったのに、神が暑い東風を備え、その矢をいなずまのように耕され、種をまかず、またわたしに現れ、主のつるぎすなわち疫病がこの国を全く荒す。彼の口述によるのです。女のうち最も良いもの、肥えた者の過ぎる道とされて移される』と。どうぞ神があなたにむかって呼ばわる――全き知恵はあなたの馬と一つです、わたしの望みはどこにあるのでしたらトンミムをお与えください」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる