ふるさと納税で日本を元気に!

草山千寛さんに送る雅歌

草山千寛さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

、わが神によって石がきをとび越えることができるものは次の代に語り伝えよ。シオンにおり、忍びやかな所で罪のないことがあろう。こうするならば主がペリシテびとと共にサウルと戦おう」。ロトがゾアルに着いた。エジプトびとはヘブルびとと共に食事することがない』とわたしは認めたからであるあなたがたをのろわせようと、ねらっておられ、また彼とハクモニの子エヒエルは王の所へ行かねばならないことを見ない」。レビびともまたすべての民を静めて、「ああ神の人だ。主のみ声に聞きしたがうならば、川向こうのほかの部分を取り上げてあなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる