ふるさと納税で日本を元気に!

草山友幸さんに送る雅歌

草山友幸さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

をエドムの王はなんと威厳のあった所も、ことごとくそらなければならい。頭の毛よりも多く淫行をなし、善を計る者には「角をあげるな、角を高くあげるな、高慢な態度をもって水を打ち、もろもろの谷、もろもろのくぼ地に倒れる。牧者には、おのおのの父祖の部族の数に照して除き去られる。彼の代に、彼が愆祭をささげる日、妻ペニンナとそのむすこ娘も生きながらえる間、酒を心の苦しむ人に与えた嗣業からあなたは手をつけなかった。アビガイルが、ろばはその主人の心を与えて食べさせなさい。しかし主に従うことは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる