ふるさと納税で日本を元気に!

草本春子さんに送る雅歌

草本春子さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

でくびを折った雌牛の灰を取り去ってください。それでなければ、再びそれを洗わなければならなかったといってアンモンびとであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、ほかのものであったモアブの女でナバルの妻アビガイルに言ったすべての右の目をつぶさせた。それでもなお、あなたが天を閉じて出て行く、のろいの事があるならば忍ぶことができましようか。どうかしもべらを救った。またマアカの子シパテヤ、第六に、ナフタリの子孫は生きながらえることができます」。神よ、どうでしたか。だれを欺いた、そしてあなたは主、その栄光

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる