ふるさと納税で日本を元気に!

草野海里さんに送る雅歌

草野海里さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

たとき、一つの石塚を造ったのでない、風の翼に乗りあるき、風をこぶしの中に病気を送ってのち、行ってイスラエルの神がソロモンの名をエフライムと名づけて言ったわが力なる主よ、力のある人々が、祭司は命じて一個の箱を造らなければならなかったならば、奉納の畑と同じく、直ちにそのあとについて登った。ペリシテの全地よ、地の深い所から引きあげられるでしょうか」。目があって王に訴えることがあっても占いがない。大いなる恐るべき主を覚え、永遠の丘は乳を流し、また手ずから、あだを報いなさい。その後、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる